2020投資成績まとめと市況振り返り

2020年の成績

個別株取引の損益は

2020年の個別株取引の年間成績は、約25万円のプラス(税引前)でした。

前半上手く行かないことが多かったけど、10月、11月にプラスに転じてそのまま逃げ切ることができました。

 

月ごとの損益推移

 

今年の2月から個別株取引を始めたため、3月からの記録となっています。
3月の下落時は一時期マイナス17万円と、その時の投資額の半分以上のマイナスだったので、その時を思えばプラスで追われて本当に良かったと思います。
10月と11月に日本情報クリエイト、MDV、ラクスなどの銘柄でなんとか利益を伸ばせたのが大きかったです。

今年の勝敗銘柄ベスト5

今年一番プラスの大きかった銘柄は日本情報クリエイトでした。
しかしこの銘柄、10月くらいに株価4000円くらいで購入して7000円のピークを過ぎた後の大幅下落で5000円くらいで投げてしまった銘柄なので、大いに反省すべき銘柄です。
あの時なぜもっと高いところで売り抜けなかったのか、今でも考えてしまいます。

逆に一番マイナスだった銘柄はソフトマックス。
もともと自分なりに調べて注目していた銘柄だったけど、大きくギャップアップしたところで慌てて高値キャッチしてしまいました。
その後の下落で低迷したためあえなく損切り。
しかしこの銘柄、それから時間をかけて上昇して高値では損切りしたときの株価の2,5倍まで上がりました…

資産状況

2020年終了時点、主に自分用に使っている楽天銀行・証券の資産の合計は157万円でした。
入金は、月々の自分の小遣いの残りが主です。
2020年のはじめは記録はありませんが100万円行かないくらいだったと思うので60万円くらい増えたのかなと思います。

 

2020の出来事振り返り

1月 新型コロナ感染拡大し始める
3月 WHOパンデミック認定
米 国家異常事態宣言、FRBゼロ金利政策開始、国債買い入れ規模無制限に
日本 東京オリンピック延期決定
4月    日本 緊急事態宣言
5月 日本 緊急事態宣言解除
6月 新型コロナ感染者数累計1000万人突破
中国 香港国家安全維持法 可決
7月    米国 ファイザー 新型コロナワクチン最終治験開始
8月 日本 安倍首相 辞意表明
9月 日本 菅内閣発足
10月 米国 トランプ大統領 新型コロナ感染
11月 米国 大統領選で民主党バイデン勝利
米国 ファイザー、モデルナ社のワクチン最終臨床試験で好結果
12月    米国・英国 米ファイザー、モデルナ社開発のワクチン接種開始
英国 新型コロナの変異種感染を報告
(参考:三菱UFJ国際投信 マーケット情報

2020年主なイベントを上記にまとめてみました。
新型コロナウイルス感染拡大を防止するためのロックダウン。
そして経済停滞に対する大規模金融緩和政策。
アメリカのトランプ vs バイデン大統領選挙。
これらの話題を中心にマーケットの動きが見られました。

2020年の日米の株価指数変動

2月後半から始まったコロナショックによる日経平均の下落幅は最大-30.6%でした。
しかし、3/19につけた16352円を底値に上昇。
最終的には、2020年日経平均は16%のプラスとなりました。

日米指数の年初からの推移については以下のようになりました。
TOPIX +4.8%
マザーズ指数 +33.0%
NYダウ +7.3%
S&P500 +16.3%
ナスダック +43.6%

2020年に上昇した業種は電気機器、情報・通信業でした。
テレワーク関連や5G、DX、EC化を背景にデジタル関連の銘柄が上昇。
逆に空運や外食業などコロナの影響が大きかった業種が下落しました。

1年を通して学んだこと・感想

今年は本格的に個別株取引を始めて、コロナショックを経験して、密度の濃い相場を経験できたと思っています。
2月の下落中に値ごろ感から買ってみたのですが、さらなる下落に巻き込まれてショック時の下落の恐ろしさを味わいました。
「落ちるナイフを掴むな。落ちて転がっているところを拾え。」
今回の暴落で学んだ格言です。

最初は今以上に銘柄選びがヘタで、長期で保有するつもりだったものはコロナ下落後なかなか戻りませんでした。
そこで見切りをつけて保有銘柄を切り替えたりしたことが年間を通してプラスに終われた要因だったと思います。

デイトレっぽいことをしてみたり、決算狙いの取引をしてみたり。
たまたま上手くいったりだめだったりしましたが、なるべくリスクを減らせるように結果的にほぼ短期で取引するようになっています。
長期で握ろうとするより、ある程度の保有期間で売買する今のスタイルが自分にはリスクリワード的にバランスが取れているようです。

今年の目標

  • 負けないための戦い方の幅を広げたい。
    自分が取引対象とする銘柄は好みが偏っていて、なかなか上手くバランスを取ったポジションを持つことができませんでした。
    時間は限られていますが、ファンダメンタル・テクニカル分析や情報収集力を磨いて、
    銘柄探索の方法や、監視銘柄の絞り込み方を改善していきたいです。
  • 投資関連の勉強も続ける。
    投資関連のYoutube視聴や本を読むことで、戦略を考えたり自分なりに相場を考える基礎を引き続き養っていきたいです。
    洞察力を磨いて少しでも確実性をもって戦えるよう、勉強も続けていきます。
  • 相場の世界で生き残り、個人資産を区切りの200万円へ増やしたい。
    まだ経験が浅いので、まずは生き残ることで経験を積んで複利効果を実感していきたいです。
    危ないことはせずに現在の資産約150万円を、次の区切りとなる200万円まで伸ばしたいです。
    大したことない額かもしれませんが、資産を減らさず少しでも堅実に勝てるようになりたいです。